天気予報

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 運命の氷結篇 | トップページ | IXY DIGITAL で夜の街を »

2008年9月26日 (金)

小出川の彼岸花・続きです

可憐な赤
Img_5266
EOS40D + EF70-200mm F4L IS USM
絞り優先AE / F4.0 -0.7EV / 焦点距離 200mm / ISO200 / WB:オート / RAW
にほんブログ村 写真ブログへ

背景に小出川を入れて
Img_5279
EOS40D + EF70-200mm F4L IS USM
絞り優先AE / F4.0 +0.7EV / 焦点距離 70mm / ISO200 / WB:オート / RAW
にほんブログ村 写真ブログへ

やっぱり白が好き-白花曼珠沙華
Img_5291
EOS40D + EF70-200mm F4L IS USM
絞り優先AE / F4.0 +0.7EV / 焦点距離 200mm / ISO200 / WB:オート / RAW
にほんブログ村 写真ブログへ

Img_5297
EOS40D + EF70-200mm F4L IS USM
絞り優先AE / F4.0 +0.7EV / 焦点距離 200mm / ISO200 / WB:オート / RAW
にほんブログ村 写真ブログへ

白花曼珠沙華を背景に入れて
Img_5299
EOS40D + EF70-200mm F4L IS USM
絞り優先AE / F4.0 -0.7EV / 焦点距離 200mm / ISO200 / WB:オート / RAW
にほんブログ村 写真ブログへ

引き立つ白
Img_5303
EOS40D + EF70-200mm F4L IS USM
絞り優先AE / F4.0 +0.7EV / 焦点距離 200mm / ISO200 / WB:オート / RAW
にほんブログ村 写真ブログへ

« 運命の氷結篇 | トップページ | IXY DIGITAL で夜の街を »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

CANON EOS 40D」カテゴリの記事

EF70-200mm F4L IS USM」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
こちらの彼岸花も素敵ですね。
特に4枚目と6枚目の白色彼岸花に赤色彼岸花のボケが入っているお写真、とても好きです。

私は、埼玉にある巾着田に行ってきました

カメラカメラさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。とても励みになります。

巾着田の彼岸花は規模といい株数といいすごいですね。
来年は是非行ってみたいと思いました。

Leoさん、ご無沙汰しております。
ブログへのコメント、ありがとう御座います。

K20Dを予定外でしたが、購入致しました。K10Dはヤフオクにて、
出品させて頂き、資金に充てました。(爆)
正直、画作りはK10Dよりも良いです、精密な描写とISO800でも
使用に十分耐えられる、画質に喜んでおります。
タムロンSP70-200F2.8を予約して半年以上待ちましたが、
発売日が判ってから、急に欲しくなくなってしまい、この様な次第
と相成りました。
 
彼岸花の作品の前ボケが綺麗ですよね、流石にLレンズの描写
は良いです。
以前に、NewFD100-300F5.6Lを愛用しておりましたが、切れ味の良い描写には、驚かされましたよ~。
今でも、このレンズでKAFマウントだったらと、思う事あります。
シグマAPOマクロは切れは有るのですが、ボケ味が今一なんですね。
 
来年には、シグマの180mmマクロを狙っているのですが、
ペンタで使用されておられる方の作例が見つからないので、
困っております・・・。
 
最近、仕事中には、原田知世の85年頃のアルバムを聞いております~!(NEXT DOOR)

woodben2さん
お忙しいのにわざわざお越し頂きありがとうございます。

20Dになって高感度画質はかなり良くなったんですね。K10Dのときは少々がっかりしていたので・・・

彼岸花は当日タム90も持って行ったんですが、三脚なしだったのでISの恩恵に預かるべくこのレンズで撮りました(^^ゞ

シグマ180どうなんでしょう、確かにPENTAXでの作例はあまり見かけませんね。でもタムロンはマウントが無いし、望遠マクロの選択肢は少ないですね。

後藤次利プロデュースの「NEXT DOOR」いいですよね。
私は車の中で薬師丸ひろ子の「古今集」をよく聞いてます。
特に「元気を出して」がお気に入りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小出川の彼岸花・続きです:

« 運命の氷結篇 | トップページ | IXY DIGITAL で夜の街を »